Q
解決しました

子宮頸がんの術後治療について

4月末に子宮頸がん(扁平上皮がん)1B1期の広汎子宮全摘手術(卵巣温存、吊り上げ有り)を行いました。
腫瘍の拡がりは水平12mm、深さ9mmで、リンパ節への転移はありませんでしたが、強めの脈管侵襲があったため、これから再発予防のための追加治療を予定しています。
この場合に最適とされる治療は、放射線単独治療、同時化学放射線療法、化学療法のいずれでしょうか。
また、同時化学放射線療法及び化学療法の場合の薬剤の選択は何を基準にされるのですか。
今のところ、医師からは同時化学放射線療法として、ネダプラチン週1回投与を5週間、全骨盤照射28回計50.4グレイを提案されています。
(30代/女性)

質問者:ルツ さん

6人の医師からの
回答があります

ギュネコローク 先生

ギュネコローク 先生による、ルツさんの子宮頸がんの術後治療についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。