Q

はりきゅうでのウイルス感染リスクについて

はりきゅう治療において、肝炎やHIV感染リスクについて教えて下さい。

治療を受けた鍼灸院は完全ディスポーザブルをうたっているのですが、鍼管というガイドは使い回しているらしいのです。

鍼管とは中心が2ミリ程度の穴が開いています。刺す時にその穴の中に鍼を入れ、皮膚に密着させて鍼のおしりをタップして使います。 そこのやり方では、複数の場所を治療する時、同じ鍼を抜いては刺すを繰り返すのです。

恐ろしいことにその鍼管はアルコール消毒のみだといいます。

これでは上記のウイルスは死滅しませんし、本来ならオートクレーブが必要なはずです。

そこでお聞きしたいのですが、私の受けた治療でB型やC型肝炎に罹る可能性はどれ位でしょうか。

また、抗体が出来るまで検査の意味がないと思うのですが、その間は飲酒したりするとまずいのでしょうか。それがきっかけで激症化するのが怖いです。そういった事もおきるのでしょうか。

以上複数の質問で恐縮ですが、ご回答いただけますよう宜しくお願い致します。
(40代/男性)

質問者:江戸前人 さん

11人の医師からの
回答があります

ピーちゃん 先生

ピーちゃん 先生による、江戸前人さんのはりきゅうでのウイルス感染リスクについてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。