Q

完全右脚ブロックとブルガダ症候群について

49歳女性です。10年前から人間ドックを受けており、最初の年から不完全右脚ブロックと言われていました。数年前からは、完全右脚ブロックに変わりました。
3年前から、年に1、2回突発性上室性頻拍になることがあります。
先月、ストレスからか頻繁にトクンという動悸を感じたので、循環器科を受診しました。先生は、県立の循環器病センターの院長もされていた先生です。
心電図とエコーをしました。その時は不整脈は出ませんでしたが、期外収縮との診断を受けました。
心電図には右脚ブロックの波形が出ているが、心機能に異常はないとのことでしてた。
家に帰ってネットで調べてみると、とある大学病院のホームページに、「右脚ブロックの人は、ブルガダ症候群と波形が似ており(隠れている?)、突然死の可能性が普通の人の10倍」と書いてありました。
そこで質問ですが、私は心電図とエコーしかしなかったのですが、専門の先生が見れば、ブルガダ症候群ではないと分かるのでしょうか?
また、ブルガダ症候群の可能性が高いのは、不完全右脚ブロックと完全右脚ブロックのどちらですか?

なお、事情があり、片親側の肉親については、突然死をした者があるかどうかわかりません。
私はこれまで、不整脈で失神したようなことはありません。今は、期外収縮を起こす回数が激減しました。
(40代/女性)

質問者:なならら さん

4人の医師からの
回答があります

不整脈専門 先生

不整脈専門 先生による、ななららさんの完全右脚ブロックとブルガダ症候群についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,400人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。