Q

前立腺癌骨転移の状況での間欠療法

家族が前立腺癌で骨転移をしています。
骨硬化型で胸椎や骨盤などに転移しています。
現在はホルモン療法で抑えていますが、いずれ去勢抵抗性前立腺癌になると思われます。

実は今、間欠療法を模索しています。

・余命の延長が期待できないこと
・日本のガイドラインではC1ランクであること
・海外では比較的推奨されていること

については知っています。
私は同程度の余命が期待できるならQOLを重視した方が良いと思っています。

問題は多発性骨転移の現状での採用がどうか?
ということになるのだろうと思うのですが、先日のひな夫先生からのご回答で、前立腺癌骨転移の状況でも病的骨折が死因になる可能性が特別高いわけではないことを知って、それならば再度検討してみようと思っていますが、先生方はどう思いますか?

(70代以上/男性)

質問者:たまごん さん

4人の医師からの
回答があります

テレパソセブン 先生

テレパソセブン 先生による、たまごんさんの前立腺癌骨転移の状況での間欠療法への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。