Q
解決しました

涙道管閉塞症

涙道閉塞症
今回小生の実体験とその経緯・経過を詳述致します。
寒くなり風に当たると左目の涙が止まらなくなった。
2016年2月12日に「○○眼科」にて受診。
2月15日「○○眼下クリニック」にて初診療を受ける。
※検査の結果、「上部涙小管」は、生理食塩液が喉まで通過するが、「下部涙小管」は、生理食塩液が喉まで通過しない状況であった。
4月15日「○○眼下クリニック」にて「涙管チューブ挿入術」を受ける。
5月6日
※検査の結果、「上部涙小管」「下部涙小管」共に生理食塩液が喉まで通過した。
5月20日
※検査の結果、「上部涙小管」「下部涙小管」共に生理食塩液が喉まで通過した。
6月3日
※細菌が入り、化膿していると言われる。生理食塩液は喉まで通過せず目薬を替える。
6月13日
※生理食塩液、喉まで通過せず、眼薬に対しアレルギー反応が出た為、薬液を替えてもらう。
7月11日
※生理食塩液、喉まで通過せず。
8月4日
※生理食塩液、喉まで通過せず。再手術の通告あり。「上部涙小管」の貫通は5%の確率しかないとの説明を受ける。
8月18日
「涙管チューブ挿入術」再手術を受ける。
※手術は困難を極め、30分位い経過した時点で医師は、「撤退する」と言って手術を投げ出した。看護婦が「上部涙小管が確保できたので、これを大事にしましょう」等と言い訳に来た。「上部涙小管」は、4月15日の手術以前も生理食塩液は喉まで通過していた。
以上が、小生の「涙道管閉塞症」の手術の顛末です。「左目の白内障が進行しているので、早く治療してくるように」と掛かりつけの医師から言われての手術でしたので大変困惑しています。セカンドオピニオンを探すべきでしょうか?
(70代以上/男性)

質問者:道後の隠居 さん

5人の医師からの
回答があります

めだまマン 先生

めだまマン 先生による、道後の隠居さんの涙道管閉塞症への回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

同類のカテゴリ

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。