Q

多発性骨髄腫の治療における自家移植時期について

平成29年1月に多発性骨髄腫の診断を受け、3月からでボルテゾミプ(ベルケイド)を主体とした治療を行ってきたが、効果は十分ではないため、レナリドミド(レプラミド)による治療に切り替えました。主治医の見解では、ベーンスジョーンズ蛋白という種類の骨髄腫とのこと。将来的には、自家骨髄移植を検討中。遊離軽鎖のκ/γ比が下がらないと自家移植する意味が無いとのこと。現在13.0であるが、値がどの程度まで下がれば、自家骨髄移植が開始できるのかご教示願います。
また、その治療のためか不明であるが、パソコン等の画面が二重に見えたり、不安感が酷く、自分で運転するのも怖く、人と話すことも不安に感じている。ご見解並びに、受診すべき診療科、病名、治療の見込み、治療費等についてご教示願います。
(50代/男性)

質問者:てこ さん

1人の医師からの
回答があります

ベテラン腫瘍内科医 先生

ベテラン腫瘍内科医 先生による、てこさんの多発性骨髄腫の治療における自家移植時期についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,600人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,600人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。