左膝蓋骨骨折から脂肪塞栓 発症

person10代/男性 -

8/9、17歳の息子が自転車で転倒し 左膝蓋骨骨折で入院しました。
8/11の朝 様子がおかしいと病院から電話があり 付き添いを頼まれ両親が交代で付いていました。
発熱、頻呼吸があり 意識が朦朧としていて うまく喋れなかったり 大声で叫んだり自傷行為(左膝を蹴ったり 殴ったり)を繰り返していました。
心配で先生を呼んで診てほしいと何度も訴えましたが、看護師から不穏で混乱状態になっていると言われ精神安定剤を2度 処方され、先生には診てもらえませんでした、その後も同じ状態が続いて 夜 9時過ぎに当直の先生から睡眠薬を処方され何とか眠りましたが、翌日 午前3時くらいに心肺停止状態になっているのを母親が発見しました。
21分間の蘇生処置で何とか命は繋ぎ止めましたが 低酸素による広範囲の脳障害で意識は無く、呼吸器が無ければ生きていけない状態です。
救急車で運ばれた時 頭のCT検査は異常ありませんでした、ヘルメットも被っていてヘルメットに傷も無く頭を打った様子はありませんでした。
初めは脂肪塞栓か誤嚥性肺炎の可能性があるが原因はハッキリ分からないと説明を受けていました。
1週間後、容態が安定しCT検査の後 原因が脂肪塞栓による肺塞栓症と説明を受けました。
今回、心肺停止になる前に 脂肪塞栓を疑う事は不可能だったのでしょうか?

本来 病院に説明を求めるべきなのでしょうが、現在 息子は感染症を繰り返し転院出来る状態ではなく また 病院との関係を悪化させたくない想いがあり 聞くに聞けない状況になっています。

回答 よろしくお願いします。

person_outlinepeace さん

8名の医師が回答しています

space 先生

整形外科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師