Q

不育症の血液検査

初期流産を3回経験し、医師に勧められて不育症の血液検査を受けました。
結果、第X II因子凝固活性の値が、43.6で、低いと言われました。
しかし、先生の話では、それが直接流産の原因になっているのか、定かではないとの事ですが、実際どうなのでしょうか?
先生方の意見をお聞かせください。
(30代/女性)

質問者:ねこんば さん

hero2005 先生
産婦人科

hero2005 先生

不育症の検査は、どこまで、詳しくするか、つまり、夫婦の遺伝子検査まで行うかとも言えます。検査値で異常があっても、それが、本当の原因かどうかはわかりません。とりあえず、わかったことに対する対策をするということになります。その対策で妊娠継続できれば、もしかすると、それが原因だったのかということになります。長期間不育症の方を100名以上で原因を調べたことがありますが、70%の方は原因不明でした。つまり、原因がわかる人は、すでに対策を立てて、妊娠分娩しているので、原因がわからない人が、残ってしまうということになります。
とりあえずは、原因かもしれないことへの対策ということをするのが良いです。

京都の婦人科医 先生
産婦人科

京都の婦人科医 先生

凝固因子の内、第Ⅻ因子は正常値は50~150%です。
凝固因子では、妊娠中には第Ⅻ因子は妊娠初期、中期、後期とも変化しません。ですからそれば流産の原因とは思われません。
凝固因子の中で、妊娠すれば減少するのはプロテインSだけです。このプロテインS欠乏症では、流産や死産などの危険性が見られます。それ以外で妊娠の時に問題になるのはプロテインC、抗リン脂質抗体症候群です。
今回の値は大丈夫と思われますが。
 

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。