Iga腎症 クレアチニンとロサルタンカリウムの関係

person40代/女性 解決済み

Iga腎症の既往があり(寛解中)、ロサルタンカリウムを長期(10年)にわたって服用しています。
服用前は0.5から0.6程度だった血清クレアチンが、約3年前に1日の服用を25mgから50mgに変更した頃よりやや上昇し0.7程度、そして今回初めて0.83という自分にとって一番高い数値が出ました。

血清クレアチニンの緩やかな上昇は、腎機能の低下を意味するのかどうか気になり医師に確認したところ、「薬がよく効いている証拠。薬の影響で血管が拡張し、そう見えるだけ。腎機能の低下を表す数値は他の検査結果に見られない。原理は難しいので説明は省くが、特に問題ない」と言われました。

質問は以下の通りです。
(1)クレアチニン上昇が腎機能低下によるものでなく、ロサルタンカリウムの影響である、その仕組みを知りたい。
(2)クレアチニンが薬の影響で高値になってしまうなら、病気の再燃や腎機能を知るには何の数値を参考にすれば良いのか。

ご参考までに、直近の検査結果を添付させて頂きます。

<血液検査>
尿素窒素 9 mg/dL
クレアチニン 0.83 mg/dL
GFR 88

<24時間蓄尿>
尿蛋白 128 mg以下(検出限界値)

person_outlineガトス さん -

3名の医師が回答しています

Ka 先生

腎臓内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

30代/女性 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師