全身性エリテマトーデス 免疫抑制剤、ベンリスタ

person40代/女性

全身性エリテマトーデスでループス腎炎を発症していない場合は免疫抑制剤、ベンリスタの効果は無いのでしょうか。
紫外線による増悪症状が著しくアルミパネルで窓からの日光を完全に遮光し、有機EL液晶のスマホさえ紫外線99.9%カットフィルムを使わないと体調悪化します。
玄関ドアに5ミリほどの小石が挟まったまま気付かずに夜間に施錠し、朝にそこから漏れた日光に一瞬当たったことで、高熱、蝶型紅班、全身の紅班、骨格筋痛、皮膚痛、血便、血尿、下半身の肌色がなくなるほどの血管炎、躁状態、脱毛、浮腫、肺炎(サチュレーション83)、食欲断絶、中枢神経性の尿意消失、無排尿による膀胱弛緩で廃絶寸前(1900cc貯留)、留置バルーン排尿は即日で感染し牛乳ほどの白濁尿になり使い捨てチューブで対応、在宅医療にてのステロイドミニパルスにより敗血症、DICという経過でした。
免疫抑制剤かベンリスタを使えば紫外線による増悪自体が抑えられるわけではないのでしょうか。
日常的には、プラケニル、プレドニン5ミリ(夜間外出時に蛍光灯で発症するため)、リボトリール1ミリ(紫外線過敏が若干緩和される実感と鎮痛効果があります)を服用しています。
ステロイド大量投与は副作用が重いので避けたいです。
免疫抑制剤とベンリスタは紫外線による増悪自体に効果は無いのでしょうか。

person_outline奥山 さん -

4名の医師が回答しています

Ka 先生

腎臓内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

30代/女性 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師