急性心筋梗塞の原因となるプラーク破綻と狭窄について

person30代/男性 - 解決済み

先日質問させて頂いたばかりなのに再度の質問をお許し下さいm(_ _)m

当方35歳男性178cm62kg喫煙歴なし、今年7月に心臓ドックの負荷心電図で陽性、その後カテーテル造影検査にて左前下行枝(#6~7)に99%狭窄を発見、そのままDESステントを留置致しました。LDLが約10年以上200超えと高くメタボもありました。現在は投薬によりLDLは100以下、10kgの減量でメタボも解消し食事などに気をつけております。ABIや頸動脈エコーは問題ありませんでした。

その後自分なりに狭心症や心筋梗塞について調べていたのですが、急性心筋梗塞の50%以上は軽度狭窄のプラークが破綻し血栓が生成される事により起こるとの記述を見つけまして気になった点があります。

自分がカテーテル検査を受けた際にはステント治療を行った部分のみ狭窄が生じており、他の冠動脈は狭くなっていないので問題ないと医師に仰って頂いたのですが、心臓カテーテル造影検査でも急性心筋梗塞の原因となる軽度狭窄(プラーク)は発見できない(見えない)という記述もネット上で拝見致しました。

そこで以下の点にご回答・アドバイス頂けますと幸いですm(_ _)m

1.心臓カテーテル造影の所見で有意狭窄を示さないケースでも、隠れたプラークにより急性心筋梗塞が起こる例というのは防ぎようがないのでしょうか?(健康な方に比べてやはり狭心症の既往歴があるので確率が高くなるとは思いますが、どの程度の頻度なのかなと…)

2. 現在、ステント血栓症の予防としてエフィエントとバイアスピリンを服用しておりますが、これらは急性心筋梗塞の原因となるプラーク破綻からの血栓生成を抑えたりする効果はやはりないのでしょうか?

長々と分かりづらい質問をしてしまい申し訳ございません。
何卒宜しくお願い申し上げます。

person_outlineならずもの さん

4名の医師が回答しています

はっし~ 先生

病理

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師