更年期障害・慢性疲労と双極性感情障害の関係性

person50代/男性 -

50歳を過ぎた、平成29年10月頃より、不眠や疲労感、ほてりや発汗、強いストレスを感じ、症状に当てはまる病院をホームページで探し近くの泌尿器科・内科を受診しました。

そこで、男性更年期障害・慢性疲労症候群と診断され、漢方とホルモン注射による治療を受けていました。

その後、だんだんと症状が悪化し、落ち着かなかったり、ソワソワするような感覚や焦燥感が強くなり、精神的なものだと思い、平成30年12月頃精神科を受診したところ、双極性感情障害と診断され、抗精神薬等の薬物療法を治療を開始しました。

昨年、近くの病院へ転院しましたが、現在も同様の診断で、向精神薬による治療を受けており、依然として不眠や、倦怠感、疲労感が強く自宅で寝たきりのような生活をしています。

なかなか病状が改善せず、悩んでいるのですが、最初の症状で診断された男性更年期障害・慢性疲労症候群と、現在診断された双極性感情障害とは関係があるのでしょうか?それとも全く関係しないもので、精神科以外も受診したほうがいいのでしょうか?

person_outlinesakaさん

4名の医師が回答しています

ひな夫 先生

泌尿器科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると医師の回答が見られます

  • 250万件超のQ&Aが見放題
  • 24時間365日いつでも医師に相談できる
  • 最短5分で、平均5人の医師が回答

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均5人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師