リンパ節転移と炎症性腫瘍の違いについて

person70代以上/女性 - 解決済み

76歳の母。
昨年、尿管癌ステージ4の診断。
多発性リンパ節転移(傍大動脈、鼠径部、縦隔)で手術適応外により、抗がん剤2クールを受けましたが効果なく、予後1年〜1年半の診断で現在在宅で緩和ケアとなっています。
最近、吐き気があり、造影剤CTをしたところ、「原発の尿管癌はあるものの、リンパ節の転移は縮小している。何も治療をしていないなら、元々リンパ節転移ではなく、炎症性腫瘍だったのではないか。ともあれ、この状態なら外科的治療も適応」との事でした。
最初に多発性リンパ節転移と診断されたのも、今回も同じ医療機関での見解です。

最後の抗がん剤から1年半何も治療せず経過して、リンパ節転移が縮小する事例はあるのでしょうか。

何より、ステージ4で76歳、予後最長1年半が正確なら後3ヶ月、手術選択すべきでしょうか。

まこと炎症性腫瘍なら、今後どのような治療となるのでしょうか。

家族全員、一度は心に折り合いをつけ、母のQOLにのみ重心を置いて接してきただけに、このまま静かに暮らすべきか、少しでも寛解の望みがあるなら進むべきか悩んでいます。

person_outlinemomoさん

2名の医師が回答しています

ベテラン腫瘍内科医 先生

血液内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師