異形成のレーザー蒸散適用対象について

person30代/女性 -

健康診断でひっかかり、hpv16陽性と出ました。
精密検査をしたところ、cin1で、経過観察となり5ヶ月後に再検査となりました。
ちなみに7年ほど前にサーバリックワクチンをしているため、それ以前からの感染と思われます。なので、長期感染のため、今後自然に消えることは少ないと思っています。
精密検査をした病院は、レーザー蒸散術での治療のみをできる病院です。
諸々の理由で、円錐切除ではなくできればレーザー蒸散を希望しているので、その病院を選びました。
異形成が高度まで進むと、レーザー蒸散できなくなると思っています。
軽度異形成のうちにレーザー蒸散したいとドクターに言ったら、
詳しい言い回しは忘れましたが、
まだ感染?病状?が広がっている段階でやると、効果が薄く再発しやすいから駄目、というようなことを言われました。
イマイチ納得できる理由ではなかったのですが、そんなものなのでしょうか?
今後、中度異形成になればレーザー蒸散できるようになるのでしょうか。

また、今後、
レーザー蒸散ができない症例だけども治療が必要となった場合に、別の病院へ紹介状を書いてもらい、円錐切除することになると思いますが、その場合はまた一から精密検査するのでしょうか?
レーザー蒸散適用対象外なら、円錐切除できる病院に今のうちに変わっておくのが効率的なのかなと考えているのですが。

person_outline匿名希望さん

2名の医師が回答しています

hero2005 先生

産婦人科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

会員になると以下の機能が、
どなたでも使えます。

  • 医師への匿名相談(月3回まで、すぐ利用できます
  • 回答のあった医師への追加質問
  • 250万件の相談・医師回答が閲覧し放題
  • 生理日予測・管理機能

この相談の関連カテゴリ

この相談の関連キーワード

関連リンク

注目の検索ワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師