潰瘍性大腸炎の薬について

person 10代/男性 - 解決済み

中学三年生の息子が昨年4月に潰瘍性大腸炎と診断されました。入院中にプレドニンを点滴し、退院後リアルダ、イムラン、プレドニンを服用し、様子を見ながらプレドニンの量を減らして服用をやめようとしておりましたが、今年4月に再燃しました。再度入院してプレドニンを点滴し、現在はリアルダ1200mgを4錠、イムラン50mgを1錠、プレドニン5mgを4錠服用しています。
昨年プレドニンを減らした後に下痢になったり、便に血が混じったことがあり、担当の先生はプレドニンを慎重に少量ずつ減らして様子を見てくださっているのですが、ひどいニキビ、ムーンフェイス、お尻や太ももに妊娠線のような赤い線が出てきていて、また成長期でもあり、副作用がとても心配です。
このままプレドニンを減らしてながら様子を見ていてもよいのか、それともほかの薬を検討した方がよいのか教えていただけないでしょうか。

person_outlineはるんたさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師