鼠径ヘルニアではなかった

person 40代/男性 -

先日質問させて頂いたものです。

鼠径ヘルニア再発ではないか?といった症状がでており、専門医にてエコー、CT、診察を受けてきました。症状としては、

🔻左鼠径部から陰嚢にかけて、ほのかに膨らみがある。
🔻押すと不快感はある。
🔻痛みはなく、違和感、腸のつっぱり?のような感覚がある。
🔻素人が触ってわかるようなしこりなどは、わかりませんが無いとは思います。

があるのですが、診察の結果「ヘルニアではない」「鼠径管に脂肪ついてるかも」「不妊の恐れに繋がるかも」「悪性的なにかでは無い」「手術の必要はない」と非常にふわっとしたご回答でした。

しかしながら、イマイチ腑に落ちず該当箇所における違和感は取れません。

脂肪が鼠径管に付くということはある事なのでしょうか?

また、脂肪または脂肪腫かいずれにしても「悪性ではない」「問題は無い」ので手術適応ではないとの話は的を得ているものなのでしょうか?

悪性ではないとCTやエコー触診で分かるものなのでしょうか?

手術対応ではないとの事で治すすべはないということでしょうか?

どうしたら良いのか、わかりません。

ご教授願います。

person_outline半蔵さん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師