椎間板症の内服について

person 30代/女性 - 解決済み

9月末、中腰で掃除中に左腰痛発症。湿布で様子見るも翌日起床時に右臀部~右大腿部に痺れと痛み酷く寝返りもまともにできない状態に。
以前座骨神経痛を患った経験と、手持ちに湿布・鎮痛薬あったので病院には行かず接骨院へ。
1週間ほどで痛み軽減、2週間ほどで腰痛以外改善した気がしてジム通い再開。
しかし左大腿部によく分からない違和感、今までこなせていた筋トレ(足上げなど)が出来なくなっていた。
その後寝ている状態での左足挙上が全く出来ないこと、靴下が履けないなどに気づき、ようやく整形外科へい行き椎間板症と軽度の側わん症診断。
リリカ25mg6錠分2処方、ただし眠気が出るので少量スタート指示。
しかし翌日から両下腿の浮腫と灼熱感がひどく、薬剤師に相談したところ薬の中止変更のため受診勧められ再診。
ところが病院で「コルセットと着圧ソックスで様子見たら?」と。
こちらから薬の変更などないのか尋ねたら「じゃあアセトアミノフェン250出しとくよ。好きなほうだけ飲んでも良いし、リリカと併用して飲んでも良いし自由に調整して」と…。
結局薬剤師と相談してアセトアミノフェン250mg6錠分3+夕食後リリカ25mgを内服するようにしました。
しかし鎮痛効果少ないのか腰痛が引きません。

本題です。
手持ちのリリカ・アセトアミノフェンをどのように使うのが効果的ですか?

十二指腸潰瘍の既往歴あり。
また、適応障害とうつ(ソラナックス、レクサプロ、マイスリー)、アレルギー性鼻炎、逆流性食道炎で内服治療中です。

person_outlineはるこさん

1人が参考になったと投票

他1名が回答

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師