骨髄異形成症候群の治療の選択について

person 70代以上/男性 -

父 85歳 たまたま血液検査で赤血球の数値から骨髄異形成症候群がみつかりました。輸血と薬で2か月。無症状で暮らしていますが、週1回と2週に1回の輸血のときがあり、2週に1回のときに血液検査の値が悪くなるような…。値が悪くなったときに、抗ガン治療を進める方とあまり進めない方と。このまま輸血と薬で治療していくのか、抗ガン治療をするのか選んでほしいと言われたのですが、どう選択したらいいのでしょうか。進める方はやらないよりは、5年は長生きできる。進めない方は、高齢なので、抗がん治療をすると突然死んでしまうこともある。認知症が悪化する。
無症状で認知症もわからないくらいの程度なので、本人は、今は普通に暮らしています。
切迫詰まった病気なのでしょうか?抗がん治療はリスクが高いのでしょうか?入院が長いのでしょうか。本人が苦しいのでしょうか。
輸血(頻度回数は?)と薬だけを選んだ場合と抗がん治療を入れた場合とどのように違うのでしょうか?選択に迷っています。詳しく知りたいです。よろしくお願い致します。

person_outline花さん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師