クラミジア 治療中のマスターベーションについて

person 30代/男性 -

現在性器クラミジア 治療中です。

1週間アジスロマイシンを服用しても尿道の違和感が消えず、医師に相談したところシタフロキサシンを処方してもらい現在服用2日目です。

治療について個人的にネットで調べていたところ、クラミジア 治療中にマスターベーションを控えるよう書かれている記事をいくつか見つけたのですが、その理由が主に尿道炎が悪化する可能性があるというものでした。

そうとは知らず、この一週間ほど特に気にせずマスターベーションを行なってしまったのですが、この場合考えられる影響として以下のどちらが当てはまりますでしょうか?

・炎症が悪化することはあっても細菌は問題なく死滅する
・炎症が悪化し細菌も死滅しづらくなる

尿道炎が治っていないだけで菌は順調に死滅しているのなら良いのですが、マスターベーションをしてしまった事によって菌そのものが死滅しておらず完治が遠のいていたら……と思うと非常に心配です。

ご教授お願いできますと幸いです。

person_outline武蔵さん

1人が参考になったと投票

他2名が回答

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師