子宮頚がん細胞診 Lsil → Asc-us HPV陰性

person 50代/女性 -

去年11月初めてLsil 核形不整、核クロマチン濃染傾向、核種大、コイロサイトも観られます。軽度異形成でHPV感染を考えますと結果が出ました。
すぐに、もう一度(前回から約2週間後)細胞診、HPV検査をしたところ、Asc-us HPV陰性、クロマチン軽度増量がみられ、異形成を否定できません。という結果に。
3ヶ月後にまた再検査となりました。
HPV陰性でも異形成があり、コイロサイトがみられたということは、この何年か継続して感染していた結果で、たまたま現在は感染を排除できてるということでしょうか。
現在陰性ということは、今後は正常に戻ることを期待しても良いのでしょうか。とても不安です。
また、HPV感染以外で異形成になる場合どういう事が考えられますか。
夫婦生活も控えるべきでしょうか。

person_outlineみーさん

1人が参考になったと投票

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師