副鼻腔CT,MRIの結果がこうでしたが

person40代/女性

MASATOCHAN先生、度々の質問でスレッドが長くなってしまったので新規にトピを立てさせて頂きました。19日に書かせて頂いたものが埋もれてしまったようなので、それと同じ内容のものを再度書かせて頂きます。いつも複雑な話で申し訳ありません。

真菌炎について詳しく解答くださってありがとうございます。それはあまり心配いらないようでよかったです。

今までのCT,X-RAY、MRIのそれぞれのレポートをもらってきましたが、このように書かれてあります。私の訳が上手ではないかもしれませんが、書かれている要点は合 っていると思います。

CT(撮影は07.11.20)「右の上顎洞にひとつの少しの量の流動体(fluid)がある。前頭洞はきれい。ひとつの6mmの停滞のう胞またはポリープがちょう形骨洞 にある。左の上顎洞の下の方に3mm前後の粘膜の肥くなっている部分がある。両方のし骨にわずかの炎症がある。鼻中隔湾曲が右側にそれている。右の上顎洞にある少量の流動 体(Fluid)が急性の炎症を示している」 あとどうしても訳せないのですが「副鼻腔全体に3mmのCORONAL がある」

x-ray(撮影は07.12.21)「鼻中隔内に大きな問題はない。し骨洞に記述すべき粘膜の腫れはない。左の上顎洞の下の方に2.5mmの粘膜の腫れがあ る。ちょう形骨洞は異常なし。前頭内にわずかの骨化過剰症がある」

MRI(撮影は08.1.15)「左の上顎洞に粘膜の腫れがある。治療が必要。トルコあん部は異常なし」

これらのレポートはそれぞれ、放射線科の医師によるものですが、6mmのポリープや3mmの腫れというのは大きいものなのでしょうか?培養検査で菌を特定してもらった方が いいのでしょうか?あと、好酸球性副鼻腔炎という可能性はどうでしょうか? なかなか今までマクロライドをもらえず歯がゆいですが、アメリカはあまり取り入れられていないのでしょうか?

教えて頂きたくよろしくお願いします。

person_outlineトスティ さん -

1名の医師が回答しています

masatochan 先生

耳鼻咽喉科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師