うつ病は楽しいことがあっても後でだるいだけなのはなぜですか。

person60代/男性 -

lock有料会員限定

いつもうつ病のことでお世話になります。今日、ふと思ったことで、うつ病って高所恐怖症や閉所恐怖症と元は同じなのかなと思いました。うつ病は特定な事に関してではなく、あらゆること、ちょっとでも心配になるようなことでも、恐怖をいだいてしまう。それと、読んだ本に、鬱病の人はいいことがあっても、うつ状態がよくなるのでなくてただだるいだけだ、ということが書いてあって笑ってしまいました。本当にそのとおりです。本当にだるいだけです。広場恐怖とかいうのは、行動認知療法や森田療法などで治るようですが、鬱は治りませんよね。自分は歳も歳なのでもうこの鬱が治るとは思っていません。できるだけ自分のことで周りに迷惑や嫌な気分をさせないように気を配っていこうと思っています。几帳面だからとか完璧主義だからと言われてもいまさらもうどう仕様もありませんからね。よくもまあ30年以上も薬を飲みながら仕事も頑張ったと思っています。高齢のうつ病の方々に先生方はどのようにお話されているのかもしよかったらお話ください。

person_outlineジージさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師