手指消毒の頻度とメリット・デメリットについて

person60代/男性 -

lock有料会員限定

新型コロナの感染防止策のひとつとして手指消毒が言われています。しかし、一方では消毒のしすぎは手の常在菌を殺してかえって感染しやすい状況を作るという説も聞きます。

実際に職場で勤務している私の場合、自分以外の人が触ったものを触るたびに手を洗っていたら日常生活は成り立ちません。不特定多数の者が触ったと思える物(主にドアノブ)を触った場合だけ手を洗いますが、手を洗う前に自分の持ち物(スマホ、定期入れ、手袋、帽子、かばんなど)を触らざるを得ないことも多々あります。かといってその持ち物をそのたびに消毒するなどとうてい不可能です。

一日の家庭以外での消毒回数はアルコール消毒3~4回、石鹸での手洗い4~5回、水洗い3回程度です。

このような状況で、手の常在菌の減少のデメリットと手を洗うメリットのバランスはどう考えればよいのでしょうか?

person_outlineジョン3世さん
9名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師