ピロリ菌陰性の萎縮性胃炎

person50代/女性 -

lock有料会員限定

2019年6月: 胃カメラ、胃底腺ポリープ
2020年7月:バリウム、多発性ポリープ
2021年3月:胃カメラ萎縮性胃炎C-2 びらん性胃炎、逆流性食道炎
ピロリ菌は、血液抗体とびらん性胃炎の生検、病理検査の2種類陰性
偽陰性を考慮し念のため、尿素呼気検査も受けましたが、陰性、数値0.1と記載がありました。

ポリープが一年以内にあったので、
ピロリ菌が住めないほど、萎縮が進んでいる可能性は低いと思うのですが、萎縮性胃炎の診断が妥当ではなかったと言うことでしょうか。
胃カメラは異なる病院で受けています。

ポリープは、毎年会社のバリウム検査で10年以上診断されています。

ピロリ菌陰性の萎縮性胃炎は癌になる確率が高いという情報もあり、不安になっています。

person_outlineしゃりはあすまさん

1人が参考になったと投票

4人が参考になったと投票

他2名が回答

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師