私の症状についてお尋ねします。

person 50代/男性 - 解決済み

2021年2月にPSA1197、ALP1307で前立腺がんと診断されました。
2021年1月に悪性リンパ腫の疑いがあり、先にFDG-PET CT検査を受けています。
腰骨より悪性リンパ腫の生検を行いましたが所見がなく、腫瘍マーカーで前立腺がんの疑いがあるとのことですぐ泌尿器科へ行きました。
PET CT検査では両側鎖骨上窩リンパ節、左副神経・内深頸リンパ節、縦隔リンパ節、肺門リンパ節、大動脈・IVC間のリンパ節への転移、腰に近い脊椎へ多数、左肩甲骨、肋骨、両側の骨盤骨・大腿骨への転移、前立腺はT3bとの結果を受け取りました。
その場でビカルタミドを処方されて、後日に改めて生検を受けました。
GSは4+4(12箇所のうち11箇所)
根治は難しいとのことでゴナックスとビカルタミドを処方されて、3月はPSA2.95、ALP596です。
ここで更に効果の良い薬へ変えませんかと主治医より提案があり、ゴナックスとザイティガへ変更して4月はPSA2.37、ALP272です。
2月中旬より杖を突いて移動していましたが、3月中旬には普通に歩行できるようになりました。現在は左腰骨の痛み、右太もも裏のしびれがありますが、排尿には違和感なし、食欲も旺盛です。
来月からはランマークも処方しますとのことです。

お尋ねしたいことは下記になります。
・PET CT検査の転移状況は、ほぼ結果通りに受け取るのが妥当でしょうか。
・根治は難しいとして、治療はホルモン療法の適用のみで、放射線治療は緩和照射しかできないでしょうか。
・PSA及びALPの数値を見る限りで、ホルモン療法の効果は出ていると認識できますでしょうか。

以上、よろしくお願いします。

person_outline50代男性さん
本投稿の添付画像は、投稿者本人と医師以外はご覧になれません。

1人が参考になったと投票

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師