腰部脊柱管狭窄症の温存について

person60代/女性 -

lock有料会員限定

60代女性です。2020年4月 14日に腰痛の為トリガーポイント(個人の整形外科)をし、数時間後右足に力が入らなくなり、歩行困難と右足無感覚・左足痛と痺れ・腰痛がひどくなり、翌日総合病院の整形外科を受診し、腰部椎間板ヘルニアでした。痛み止めとブロック注射で温存療法をしています。この4月に主治医が代わって、再度MRIを取り直したら、腰部脊柱管狭窄症(4ヵ所)でした。主治医からは、「手術を考えて欲しい」と言われました。私もいつかは、手術をしなければいけないと思っていますが、今年になって主人の病気(胸腺腫・重症筋無力症)で2・3・4月と入退院を繰り返していて、手術に踏み切れません。もう少しの間温存療法を続けたいです。現在ロキソニン日/3錠・カロナール錠500mg日/4錠・リリカ150mg日/2錠・トラマール25mg日/6錠を服用しています。ブロック注射3回(1月・3月・4月)行い現在に至っております。薬の増量と、ブロック注射は、どの位出来ますか。ご協力をお願い致します。

person_outlineプリンさん

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師