81歳の母 リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫) 治療方法

person70代以上/女性 -

lock有料会員限定

81歳の母が、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫と診断され、
昨年、化学療法(R-chop療法と思われます。)を行い、寛解したと思われましたが、
5ヶ月で再発し、左首と左耳のところにしこりができていて大きくなっているようです。
先月から飲むタイプの抗がん剤で対応していますが、あまり効果がありません。
年齢的に化学療法を行えば、副作用命を落とす可能性がるためできないとのことです。
(心臓に負担がかかるようです。)
これからは緩和ケアに移行するような方向になると言われています。
ただ、しんどさはあるものの食欲もあり、体力はあると思っているので
何とかもう少し化学療法で対応できないかと色々ネットで調べると
救援化学療法というものがあるのを知りました。
その救援化学療法について、詳しく教えていただけないでしょうか?
また、高齢者向けの治療として、R-mini-CHOPというのもありました。
臨床試験のようですが、試すことはできるのでしょうか?
こちらについても何か情報があれば教えていただきたいです。

person_outlineフライングポッター太郎さん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師