心臓手術のリスクについて

person60代/女性 -

lock有料会員限定

僧帽弁逸脱症の母が手術が必要になるかもしれず、手術法について色々と調べています。以前こちらで正中切開と小切開での死亡率をお聞きしたところ、特に差はないとのことでしたが、手術による多臓器不全や敗血症等は手術や傷の大きさが大きいほどリスクが高くなると思うのですが、やはり正中切開と小切開ではリスクに差はないのでしょうか。その一方で小切開やダウ゛ィンチでは手術時間が長くなるため心臓の負担が大きくなる、長い目で見た時に根治治療の成功率がやや下がるという話も聞いたのですが、実際のところはどうなのでしょうか。私の知る限り母のBNPは80~130とそこまで高値ではありませんが、リウマチやシェーグレン(寛解状態)で免疫抑制剤を服用しているため、心配です。

person_outlinepetit macaroonさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師