アルコール性肝硬変と再生医療

person50代/女性 -

lock有料会員限定

妻がアルコール性肝障害の急性増悪と診断され、アルコール性肝炎の重症度スコアであるJ A Sでは10点で、4月の中に入院しました。入院1週間後にステロイドの投与が始まり、徐々に減らしながら、6月の中には全くなくなり、その後先生方の治療のお陰で6月の中に数値が少し良くなり退院となりました。しかし、血液の検査もあまり改善していなく、逆に思った以上に悪くなっていました。現在の数値は、1週間平均で、ALB2.7 AST75 ALT58 γGTP362 T-Bil 10.1 D-Bil 6.0 プロントロビン44%です。黄疸、腹水もあり苦しんでいる状態です。このままの状態では改善の可能性も少なく良くなると信じてはいますが、藁をもつかむ思いです。厚生労働省の認可されています肝臓の脂肪由来幹細胞の再生医療について、教えていただきたいです。よろしくお願い申し上げます。

person_outlineしげさんさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師