頸椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の手術について

person50代/男性 -

lock有料会員限定

1年前くらいから、血圧不安定、耳鳴り、吐き気、顔の火照り、頚肩腕の凝りに悩まされていました。一進一退でしたが、今年の5月からは、これらに加えて前腕のダル重感と灼熱感、脚の痺れ感、背中の痺れ、手足の違和感、胸部の凝り、不眠、頻脈、頻尿なども出てきたため、脳神経内科を受診するも頭部MRIは問題なし。その後、5月下旬に脊椎の専門のクリニックを受診し頸部MRIを受けたところ、頸椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の診断を受けました。2番から6番の間が全体的に狭くなっており、特に4番と5番の間と、5番と6番の間が狭くなっていました。
セレコキシブ100mgとプレガバリンOD75mgを処方され、現在服薬継続中です。日常の姿勢にも気をつけ、現在は概ね落ち着いています。
担当医からは積極的に手術を勧められていますが、ネット等で調べるとリスクも小さくなく、術後のリハビリ、通院も長期戦で大変そうなので、とても不安を感じています。
このまま服薬を続け、騙し騙し様子を見ていくのが得策かとは思いつつも、もし将来もっと悪くなってから手術するよりは、今思い切ってやった方が良いのかどうか、非常に悩んでいます。

person_outlineやまちゃんさん

2人が参考になったと投票

1人が参考になったと投票

他2名が回答

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師