デュプイトラン拘縮のコラゲナーゼ注射療法について

person50代/男性 -

lock有料会員限定

40代の時にデュプイトラン拘縮と診断され、42歳で右手の手術を受けました。50代になり今度は左手の症状が進行し、医師からは、もう少し進行すると手術も困難になると言われています。しかし、手術では、神経が切れて痺れが残ったり、皮膚が壊死したりする可能性もあり、完治には数ヶ月を要すると言われ二の足を踏んでいます。ネットで目にしたコラゲナーゼ注射療法について医師に相談したところ、あまり良い治療法ではないとのことでした。ザイヤフレックスの供給が停止されているという情報もありますが、注射療法も含め、ベストな選択について御助言いただければ幸いです。

person_outlineTOSHIさん
本投稿の添付画像は、投稿者本人と医師以外はご覧になれません。

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師