肝機能障害の原因について

person40代/女性 -

lock有料会員限定

原因が特定出来ない肝機能障害について。
昨年11月の健診にて肝機能障害を指摘され地元クリニックでエコーしたところ脂肪肝と診断され経過観察しておりました。飲酒は一切しません。BMIは21.4です。
今年1月8日倦怠感で総合病院を受診、緊急入院となりました。肝炎ウイルスはマイナスでした。むずむず脚症候群の治療薬としてブラミベキソール、リボトリールを半年程前から服用していましたが薬剤性肝炎疑いの為入院時より中止しています。後日検査したところDLSTは陰性でした。
11月健診AST120 ALT200
1月8日入院AST660 ALT840
1月15日AST1110 ALT1120
ウルソ600mg服用と強ミノ注射開始
1月18日AST260 ALT580
1月25日退院AST120 ALT190
2月17日AST40 ALT30でウルソ中止
3月10日AST60 ALT50ウルソ600mg再服用
6月2日AST22 ALT15でウルソ300mgに減薬
次回検査は9月になります。
入院中に肝生検実施、急性肝炎で薬剤性か自己免疫性が示唆される所見とのことでした。主治医の指示で入院以降市販薬等は止められています。(ブロチゾラム0.25mgは許可をもらい服用しています)
気になるのはウルソを中止したら数値が上昇したことです。主治医にもなぜ上昇したのか分からないと言われました。今回ウルソを減薬しましたが次回検査で数値が悪化していた場合、薬剤性肝炎より自己免疫性肝炎の可能性が高いということになるのでしょうか?

person_outlineこまさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師