向精神薬に頼らずに主人の離脱症状を改善させる鍵は何

person60代/男性 -

lock有料会員限定

主人は60代です。40代から18年間向精神薬を服用後、現在は完全断薬して2年8カ月経ちますが、酷くなる遷延性離脱症状に悩んでいます。

主人は5月28日の就寝直前に内服する薬を喉に引っ掛け窒息しそうになり力強く30回以上も咳込みやっとその薬を排出できました。

その時から喉痛、痰、胸・背部痛、両耳内圧の上昇感、耳鳴り、ヒステリー球が出てきたので耳鼻科と内科を5日後の6月1日に受診しました。

耳鼻咽喉科では微熱のためいつもの内視鏡は使えず鼻腔鏡や喉頭鏡などを使用した診察となり「喉の奥が少し赤いですが、問題となる所見は全くないです。半夏厚朴湯は飲んでいてください。他のお薬は必要ないでしょう」とのこと。消化器内科では聴診もあり「問題ありませんが、ヒステリー球は出ると思います。気にしないことですよ。薬の飲み方には注意して」でした。

ところで今日(6月21日)現在、主人は「5月28日の薬の服用失敗で離脱症状がさらに酷くなった。特に食事が喉を通過する摩擦感や、食事の一部が喉に実際に数分間留まることなどが敏感に不快感として感じてしまう。また嚥下時の喉の痛みも気になる。これらの不快感や痛みは食後15分~30分位で落ち着くけどこのような状況は器質的には放っていても大丈夫なのだろうか?薬を引っかけた日から三週間過ぎたけど悪い病気などになってはいないよね」と心配しています。

また主人は極度の心配性なので、様々な嫌なストレスを感じると上記症状の他にも身体のフワフワ感も増強し、パニック発作も起こします。睡眠は毎日3時間半程度です。

さて、このようにいろいろと不安になり、検査をすることも怖がる主人なのですが、今回のことでは悪性の病気のことは心配しなくてもよいでしょうか。そして主人の“気にしすぎ”性格をやめさせるためにはどのようにすれば良いのでしょうか?

person_outlineめいさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師