レストレスレッグス症候群の治療

person40代/女性 -

lock有料会員限定

レストレスレッグス症候群の診断にあたり、
採血でフェリチン定量9.7、鉄欠乏性貧血と診断され、鉄剤を服用しましたが胃痛、吐き気などの副作用が酷く、服用中止となりました。
鉄欠乏性貧血については、サプリメントや食べ物で改善していきましょうとの事で、
レストレスレッグス症候群の内服薬をスタートしました。。
プラミペキソール0.125 トーワを6/14から就寝2時間前に1錠。
1週間後から2錠に増えます。
わたしはだいたい就寝時間が23時、起床は4時です。
なので9時頃に服用しています。
1錠の時は少々のふらつきがありましたが、
昨日から2錠飲んだら、今朝起床時のふらつきが酷く、起き上がれませんでした。

他にパニック障害の薬で、
リボトリール0.5mgを1錠
ルネスタ2mgを1錠
ロフラゼプ酸エチル錠1mgを1錠
を寝る前に服用しています。

飲み合わせは問題ないといわれていますが、
起床時の辛さを少しでも軽減させるには
どうしたらいいでしょうか?

person_outlineえりなさん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師