副鼻腔炎の持続的な熱

person30代/女性 -

lock有料会員限定

3週間前、一歳の子どもから風邪が移り、咽頭痛と鼻水・鼻詰まり、熱発がありました。
・葛根湯加川きゅう辛こうエキス
・カロナール300
・カルボシステイン錠
を処方していただき、改善しました。
そして、2週間前にも再度子どもの風邪が移り、熱以外は同じ症状だったので、同じものを追加で処方していただき、2週間以上飲み続けてました。
しかし、3日前より顔面、歯の痛み、頭痛が増したので副鼻腔炎を疑い再度受診しました。
そこで副鼻腔炎の診断を受け(呼吸器内科専門)
・レボフロキサシン500
・アンブロキソール塩酸塩除放OD錠45
・カルボシステイン500
・カロナール300
を処方されました。その日の夜38度、日中は37度台で頭痛もあり仕事を休みました。現在も37度前後です。

副鼻腔炎の夜間の発熱や頭痛はどのくらいで改善に向かいますでしょうか?副鼻腔炎の熱発は持続するものですか?
まだ抗生剤2日目なので、改善途中と思いますが週明け(もう一日休む程度で)には出勤したいと思っていますが、頭痛・熱発時の悪寒や全身の倦怠感があります。
耳鼻科受診すると吸入や鼻洗浄?などで、改善が促進されることはありますか?
倦怠感などは炎症反応が上がっているためですか?副鼻腔炎でそこまで生じますか?
急性副鼻腔炎は1ヶ月改善にかかると聞きましたが、その最中も熱などは続くものですか?
カロナール一日1500までと書いてありますが、頭痛・熱の時はその範囲内で飲んで大丈夫ですか?消化器官に影響する場合もありますか?
よろしくお願いします。

person_outlineenanaさん

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師