mRNAワクチンの効果は母乳から抗体が子供へいっても同じものですか?

person30代/女性 -

lock有料会員限定

この度のコロナウイルスに対するmRNAワクチンの有効性が高い仕組みについてテレビで視聴し、疑問に思ったことがあります。

現在授乳期のため、母体で作られた抗体が母乳を通して子供へ渡るという効果を期待しています。

このワクチンはmRNAからもたらされる情報によって抗体が作られるのみならず、免疫細胞にも作用しウイルスを排除するので、非常に有効性が高いのだということだったのですが、
それでは、
1.母乳を通して子供へ抗体が渡る効果と、本人がワクチンを接種して得られる効果は全く内容が違うので有効性が変わってくるのでしょうか?

2.子供へは抗体がいくだけで、免疫細胞への作用は期待できないんでしょうか?
もしくは、抗体がいけばおのずと免疫細胞が反応してくれるのでしょうか?

3.母乳から子供へ抗体がいくことで免疫反応が起こるのであれば、赤ちゃんも熱が出たりなどの副反応があるのではないかと思うのですが、この考え方は間違っていますか?

まだまだ12歳以下の子供へはワクチン接種ができないのに子供達に感染が拡大しているので不安です。
4.なぜ子供へは今は接種できないんでしょうか?
あと、
5.小さい子供へのコロナウイルスワクチン接種が開始されるための要件は何なのでしょうか?

たくさん質問しましたが、以上5つ、ご回答お願いします。

person_outline富子さん

1人が参考になったと投票

5名の医師が回答しています

1人が参考になったと投票

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師