新型コロナワクチン摂取後のイベルメクチン服用について

person40代/女性 -

lock有料会員限定

私は昨日、新型コロナワクチンウイルスワクチンの2回目の摂取を終えました。37.3℃の微熱が続き、解熱剤を使用しています。
親族がかかっている主治医(消化器内科)や知り合いの眼科医から、摂取後にイベルメクチンを1日1錠(12mg)3日間連続、その後1週間に一回、そのあと2週間に一回服用するように勧められており、迷っています。
その方が言うには、
ワクチン製造会社からトリパノソーマ科のブルーストリパノソーマ寄生虫が見つかった。これは、もともと牛とかにいるもので、マイクロサイズの大きさで人工遺伝子とそれくるむLNP(リピットナノパーティクル)(カプセルみたいなもの)には、入りきらない。だからワクチン製造会社では、ワクチン液にいるとしか考えられない。
トリパノソーマは昔から研究されており、人から人へは感染しないが、動物からの感染は確認されている。ワクチンを接種するとそれが脳関門を横切るのが確認されているので、脳内まで侵入できる。それが、人工mRNA修飾ウリジンを運搬すると、脳細胞にスパイクタンパクを作ることが可能になる。イベルメクチンの効果は安価で副作用もないことから、ワクチン接種の妨げになるという観点から公に公表しない。
イベルメクチンは、60年前に土から発見されたもので、寄生虫を殺傷するのではなく、奇生虫の機能を阻害し、その結果寄生虫が死ぬので
血栓を作る可能性のあるブルーストリパノソーマは、イベルメクチンによって、一掃される。人が予防として飲んでも、まったく副作用もなく、虫を殺して体から排出される。ゆえに、特効薬といわれる。
ワクチン接種後3日から1週間が血栓が飛ぶリスクがたかい。いずれ血栓で突然死もしくは体が弱くなる。イベルメクチンさえのめば、血栓を起こすことなく、死ななくてすむし、自然免疫力をおとすこともなくなる。
先生方のご意見をお伺いしたくお願いいたします。

person_outlineせんさん
3名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師