頸椎ヘルニア前方除圧固定1箇所

person40代/女性 -

lock有料会員限定

頸椎前方除圧固定術骨移植
1、これをした人は長年および生涯、上を向く天井を見る、足元を見る、真横を向くのは禁忌ですか?

2、高齢の親の介護や、娘の通院送迎、独居生活での家屋維持、とっさの時ケガ予防の反応(転んだ際誤って上を向いてしまう)など。色々想定されます。皆さんどう生活されているのてしょうか?

3、生涯、運転時は万が一の為、追突された際首を保護するために、何らかの保護具をつけた方が良いとも聴きました。今後も毎回装具は必要ですか? また、警察にも申請しておいた方が良いですか?(検問や違反)

4、頸椎どうしを固定している金具が交通事故や怪我の衝撃で外れ、最悪食道や周囲組織を破壊した例もあるそうですね?

5、運転は3ヶ月経過後も、短距離でとパンフレットにありました。しかし生涯運転、難しそうですね。
車線変更は横を見ますし、バック駐車は体幹を捩じってもやはり回旋し目視が必要ですし。(バックモニターだけでは目視してないので過失になる場合)

6、そうなると仕事は殆ど出来い、仕事も色々な動作を臨機応変に要求されますので、身体障害者と同じですかね

7、家の中に閉じこもるしかないようですね。他に良いオペはなかったか後悔しています。

8、オペした医師は「必要なら車徐々に良いよ」と楽観視していますが?エビデンスがあるのですか?

9、万が一、街中で倒れ救命措置された場合、気道確保で首を後屈させたりしますね。 
また、緊急オペの際も、誰も頸椎に金属が入っていると知らないので、頭部後屈・エアウェイ插入され、金属が破壊またははずれてしまいますかね。その場合どう対応や再手術していますか?

10、高齢になり、骨粗鬆症、固定した金具の劣化や、隣接する上下の椎間板がダメージを受けるなど、リスクも聞きました。そうなれば、どういう処理をしますか?

person_outlineヤマンバさん
4名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師