がんの自由診療について

person30代/女性 -

lock有料会員限定

1)自由診療は、先進医療等以外では混合診療は認められないという認識で、
本来保険適用の部分も含め10割を支払う必要があるという認識なのですが、
同じ病気に対してどこからどこまでに対して10割なのでしょうか?
例)1か月目 保険適用内で高額療養費制度利用
  2か月目 保険適用内で高額療養費制度利用
  3か月目 自由診療のため10割支払い
この場合、自由診療を行った月だけが10割負担なのでしょうか?
それとも、通院や入院をしていたら、1か月目や2か月目にも遡って全て10割なのでしょうか?

2)一度自由診療をしてしまうと、保険診療を断られる事があるという話を聞いた事があるのですが、もし受け入れてもらえた場合は、例)の場合は4か月目が保険適用内で高額療養費制度利用が可能になるのでしょうか?
もしくは、ほとんど保険診療は断られ自由診療の後はずっと自由診療をしていく確率の方が高いのでしょうか?

3)同じ病院で保険診療や自由診療を扱っている病院はあるのでしょうか?
またその場合は、重複しますが、自由診療をした月だけが10割負担なのでしょうか?それとも治療開始~最後までの様々な治療分全てが10割でしょうか?

4)自由診療の抗がん剤は、日本では未承認でもアメリカでは承認されていて少しは信用できそうな気もするのですが、自由診療も想定したがん保険には入っておいた方が良いと思われますか?

5)自由診療がされたケースで、がんのステージ中盤などでもあるのでしょうか?
それとも、保険診療をしつくして何も方法が無くなって初めて自由診療をされるケースが多いのでしょうか?

6)もし、保険診療をしつくして何も方法が無くなってから自由診療を選択するケースが多い場合、保険で自由診療に備えるよりも、緩和だったり死を覚悟した方が良いと思われますか?

person_outline匿名さん

各回答は、回答日時点での情報です。最新の情報は、投稿日が新しいQ&A、もしくは自分で相談することでご確認いただけます。

1名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

あなたの周りにこんな方いませんか?

  • 約束や、用事をよく忘れる
  • 作業を順序立てられない
  • じっくり考えるのを避ける

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、31万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師