遠方のパートナーが緊急的に精神科入院を望んでいるがお金がない(毒親、生保も間に合わない)場合

person20代/女性 -

離れて住むパートナーのことです(精神保健福祉手帳は6月に届く、障害者年金の申請はこれから)。今はお互いに心身的に調子が悪いので、電話やメッセージでのやり取りをしています。

本人は希死念慮が強く、状況を変えるためにも緊急的に精神科に入院を希望してますが、お金がありません。生活保護の申請もなかなか難しく(出来ても1ヶ月先)、毒親(精神医療を信じてない医療従事者)に頼ることも難しく、入院費用が無い事で希死念慮が抑えられなくなっています。
●こういう場合、何か使える制度などはあるでしょうか?
●また私にできることは他にあるでしょうか(共倒れにならない範囲で電話やメッセージで励ますくらい)
●ソーシャルワーカーなどから毒親にうまく伝えてもらって支払いを頼めますか?

一人暮らしをしているパートナーは現在ASDによる二次障害の双極性感情障害2型で1年ほど通院してます。毒親の影響で頑張りすぎてしまう・失敗が希死念慮になるなどが強いです。無意識でしたが過食も見られます。過食によりお金がない状態です。

仕事で心身が限界だったため退職しましたが、貯金も概念が無かったた貯蓄がなくて、不安が強くなっています。
個人事業主雇用だったため失業手当など保障制度がなく、一気に貧困に陥ったことで希死念慮が溢れています。

パートナーの地域の生活相談や手続きに付き添ってくれる元議員の人や、近所の施設の保健師(傾聴してくれる)、的確に判断してくれる精神科医師など社会資源は既に揃っています。相談支援専門員などはつけてもらえませんでした。
パートナーは自分の客観視が難しい特性もあり、専門知識のある私が困りごとや毎日泣いている状況などをまとめることで、各所に大変さがやっと伝わって社会資源に繋がってきました。

あとは生活保護と入院費用の見通しが立てば安心できるのかなと思っていますが…

精神・神経科分野 に限定して相談しました

person_outline渓斗さん

2人が参考になったと投票

各回答は、回答日時点での情報です。最新の情報は、投稿日が新しいQ&A、もしくは自分で相談することでご確認いただけます。

2名の医師が回答しています

自分の症状に合わせて相談したい方はこちら

  • 今すぐ相談OK、24時間365日受付中
  • 最短5分、平均5人の全国の医師が回答
  • Q&Aを引用した相談もできて簡単

大人のADHD特集

ADHDかもしれないと思ったら?

ADHDの特性による悩みや生きづらさや医師や心理士に相談することで、解消方法を一緒に考えていけます。一人で抱え込まずに医師に相談してみませんか?

お探しの情報は、見つかりましたか?

キーワードは、文章より単語をおすすめします。
キーワードの追加や変更をすると、
お探しの情報がヒットするかもしれません

協力医師紹介

アスクドクターズの記事やセミナー、Q&Aでの協力医師は、国内医師の約9割、31万人以上が利用する医師向けサイト「m3.com」の会員です。

記事・セミナーの協力医師

Q&Aの協力医師

内科、外科、産婦人科、小児科、婦人科、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、精神科、循環器科、消化器科、呼吸器科をはじめ、55以上の診療科より、のべ8,000人以上の医師が回答しています。

Q&A協力医師一覧へ

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師