Q

レントゲン撮影の回数

レントゲン撮影の回数は何回位まで安全ですか。
撮影場所が違う場合はどうでしょうか。

質問者:菊池 敏一 さん

hero2005 先生
全科

hero2005 先生

回数制限は相対的なものです。

1.健康上の問題なら、検査の必要性によって変わります。もちろん、放射線治療の被爆量に比べれば、検査の被爆量なんてたかが知れてます。要は、その検査が本当に必要かどうかにかかわってきます。また、その判断には妊娠しているかどうかも関係してきます。安全性の有無でいえば、必要なければとらないということになります。

2.健康保険で検査するなら、保険の査定の問題がありますが、今回の質問では関係ないでしょうね。

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

回数が何回まで、といった明確な基準はありません。同じ場所に繰り返すほうがもちろん影響は高くなります。また、レントゲンなどのX線の影響はレントゲン撮影の方法にもよりますし、部位によって量も異なります。CT、X線造影検査などではさらに被爆が大きくなります。いずれにしろ、必要最低限にするほうがいいでしょう。

ハナミズキさん

菊池さんの質問へ至った背景がわからないのでなんとも言えないのですが,例えば,事故か何かで痛めた部位を一度レントゲン撮影して医師に骨は折れてなさそうだという診断をもらったのに,まだそこが痛むので再度病院にいったらまた撮ってみますと言われたのではないかと思います.2度位なら躊躇わずにとってもらえますが,頻度が高くなれば同じ場所を何度も被爆させて問題ないのか不安になるでしょう.頻回撮影についての悪影響について医師から患者への説明はありませんから,保険点数稼ぎで何度も撮られているのではないかとかいくぐりたくなることもあるでしょう.患者の精神的な負担はなおさらですが,通院の負担と経済的負担も大きくなります.
一般的に許容被爆量が年..シーベルトで,一回のレントゲン撮影では.シーベルトだからこの位の回数ならならそんなに心配することはないでしょうとコメントすれば安心するのではないかと思います.私は医師ではないので,放射線技師の方か医師にコメントして頂きたいです.
菊池さんも質問の背景を詳しく説明して頂ければ皆様の有益なコメントが得られやすくなると思います.

いち内科医 先生

胸部で0.1ミリシーベルト、胃透視で15ミリシーベルト、CT検査で20ミリシーベルト以下程度です。また、照射部位以外に直接被爆する事はありません。ちなみに、放射線業務従事者の 1 年間の被爆限度 は50 ミリシーベルトとされています。また、人体が白血病やガンになると言われている放射線量は、一度に1000ミリシーベルトを越える量と言われています。これは先の胸部の被爆量で例えると10000倍です。通常のレントゲン撮影ならばほとんど心配ないでしょう。

菊池 敏一さん

顎関節、手、膝、と病状が不明のため、別々の医師に見てもらい、レントゲン撮影をすることとなるため、
心配でしたが、安心致しました。ありがとうございました。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。