Q

乳癌の皮膚転移について

乳癌の皮膚転移について教えてください。

【治療歴】
2006年8月 乳癌発覚
2006年10月 術前化学療法開始(CEF+タキソール6ヶ月)
2006年10月 卵巣保護の為のゾラデックス注射開始
2007年5月 温存手術+リンパ節隔清(レベル2)
2007年6月 ノルバデックス服用開始
2007年8月 放射線治療開始(60Gy)

【病理結果】
ER+、PR−(化学療法前の生検では両方+)
HER2−、グレード1
リンパ節転移 3/17
化学療法で80%以上消失、
ただし残存していた癌細胞が断端5mm以内にせまっていたとのことで、断端陽性で放射線追加照射あり
発覚時の腫瘍径は3.5cm

現在は、月1回のゾラデックス注射とノルバデックス服用を続けています(年齢38歳)。

今年の2月頃、ちょうど手術の傷のところに虫さされのような小さな5ミリほどのふくらみ(赤みあり)を2つほど見つけ、しばらく様子をみていたのですが、治らないので不安になり、3月に主治医の診察を受けました。その時は視診のみで、あまり心配はなさそうだとの判断で、経過観察となりました。その後もあまりひどくはならないものの、相変わらず赤みとポツポツは治らず(その部分は少しシコリのような感じにもなっています)、今月再度診察を受けました。マンモグラフィとエコーを受けたのですが、特に異常はなく(何も写っていない)、主治医は「手術で縫い合わせる時に通った針の跡かもしれない。手術跡が少しケロイドのようになる体質の人もいるしね。もう少し様子をみましょう。3ヵ月後にまたエコーをかけて変化があれが、針生検をしてみましょう。」とのことでした。

私は、通常怪我をしても比較的きれいに治りますし、ケロイド体質とも思えないので、なんとなく不安がぬぐえません。皮膚転移という可能性はないのでしょうか。このまま様子見を続けてもいいのか、とても不安です。
(30代 女性)

質問者:makino さん

1人の医師からの
回答があります

温泉医者 先生

温泉医者 先生による、makinoさんの乳癌の皮膚転移についてへの回答です。会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます。

会員登録をして
全ての医師回答を見る

関連サイト

乳癌の症状や治療の不安を解決する
乳がん専門サイト

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,500人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。