永続する極度の倦怠感

私は66歳、片頭痛がひどく、大学病院を始めとし随分検査したが異常がなかった。痛いまま長く続きましたが、40才台の時自然に解消か、これと入れ違いに、花粉症と、それに伴う各種障害が出て、中でも疲労感がひどく、これが年々ひどくなり、花粉症の他の症状は気になら無くなったが、50才台からはますますひどく、今は寝ていて息がくるしくめがさめる程になったいます。日中も非常に苦しいが、朝は今は起きる事が大変な苦痛、大仕事になってしまいました。この病も、各種専門医、例えば、慢性疲労症候群の専門科の権威有る先生に診てもらったり、脳神経外科、精神科などで全く肉体的に問題無し、と判定されていますが、この極度の疲労感が苦しくて苦しくてたまりません。健康のための一日置きの運動や山登りもできるので、先生は精神的問題が大きいとおしゃっていますが、最近はそれらをこなす気力が減少しつつ有るのが、自分自身で見えて来ました。死んでしまいそうな気がするほど、だるくて苦しいです。
先生:どんな問題が考えられますか?どんな検査をすれば何か問題を見い出す事ができるでしょうか?どうか助けて下さい!!!

person_outline小関禎一さん

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

※有料プランは医師へ相談もできます

すでにアカウントをお持ちの方はログイン

他のQ&Aを検索する

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均5人が回答

  • 50以上の診療科の医師