姑が、生きているのが嫌になったと口にするように

はじめまして。ご相談したいことがあります。
3月下旬より、それまで京都に住んでいた姑と同居しています(現住所は神奈川県内です)。

姑は先月65歳になったばかりですが、ここ1、2ヶ月で、姑が「もう生きていても面白くない。あの世に行った方がまし」といったことをよく言うようになりました。
こちらに来るまでは、パートで週4日位、仕事もしていたようですが、転居のため退職し、午前中だけ週3回ボランティアに出かける程度です。自分の意思で始めたボランティアで、約5ヶ月続いていますが、それも何のためにやっているのかわからず、やっていて楽しくないと言っています。
それまで自分の思う通りに仕事もし、生活していたのが一変して、慣れない環境の中で、働きたいという気持ちも叶わず、話ができる友人もいない・・・という状況です。
地元の趣味サークルなどに行ってみてはどうか、などと薦めてみましたが、なかなか最初の一歩が踏み出せないまま月日が過ぎて行きました。
先月は、朝「出かけてくる」と行って車で出たきり夜になっても戻らなかったので、心配になって心当たりに連絡してみると、京都の叔父の家に行っていたことがありました。その時は「京都まで行くつもりはなかった」と言っていました。
そして昨日は、夜散歩に出て、しばらく戻らず、心配しながら待っていると、警察から連絡があり、線路の踏み切り近くの電柱にもたれてうずくまっていたところを保護されたとのことでした。病院に連れていくことを真剣に考えています。

生きているのが嫌だという姑に、どのように言葉を返せばいいのかわかりません。また、「これだけは言ってはいけない」ということはありますか?教えてください。

person_outline同居半年の嫁 さん -

3名の医師が回答しています

横浜の家庭医 先生

一般内科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師