グリベック休薬に関する疑問。

30代女性です。2001年に慢性骨髄性白血病(CML)と診断され、インターフェロンα療法では効果が得らず、2002年からグリベックの服用を4錠で開始しました。白血球、血小板数値の減少が見られ、のちに3錠に。休薬をはさみつつ、規定よりやや低めの数値の場合でも、血液検査をこまめにすることで様子をみてもらい、徐々に安定し、結果休薬せずすむようになり、一時、骨髄採取のFISH結果が20/2程になりました。

しかし、医師の移動により担当医が変わったとたん、ぎりぎりながら服用を続けてきた数値であったにもかかわらず、再び休薬となり、その後も度々繰り返しています。その理由は以前と同じながらも、検査間隔を短くして様子をみるようなこともなく、休薬期間も2〜3週間など、大雑把すぎる印象があります。また、白血球と好中球の比も関わっているとの説明も受けました。ここ最近のFISHの結果は20/4程です。

そこで、お聞きしたいのは、このように医師による対応の違いを同じ病院内で感じた場合、どのように受け止めるべきでしょうか?セカンドオピニオンも考えるべきでしょうか?または、患者としてしておくべきことはあるでしょうか?

また、私のようにボーダーラインよりも低めの数値でも安定がみられる(ていた)患者の場合、どのように判断されるものなのでしょうか。
他の医師の皆様のご意見もお伺いしたいです。宜しくお願いいたします。

person_outlinemomoichi さん -

3名の医師が回答しています

和歌山の医師 一般内科 先生

腫瘍科

会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます 会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます会員登録すると今すぐ医師の回答を見ることができます

関連リンク

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

胃炎からスキルス胃がんの可能性

person 30代/女性 - 解決済み

スキルス胃がんについて 昨年夏に胃カメラにてピロリ菌陽性だったので、除去して成功しました。 ピロリ菌がいたので、定期的に胃カメラを受けようと思っております。 ピロリ菌除去後、3ヶ月位してから胃の調子が悪かったので胃カメラでまたみて貰った所、特に異常は見当たらないが、鳥肌胃炎のようになっている所があるので、スキルス胃がんになりやすいから小まめに検査するように言われました。 先月、3度目の胃カメラを受けました。結果を聞いた所、胃がんは認められず、ピロリ菌による萎縮性胃炎は変わらずあります。 鳥肌胃炎も、前回程ではないけど認められる為、やはり1年開けずに9ヶ月位でまた検査に来て下さいと言われました。 スキルス胃がんは急に発症し、急速に進行すると聞きます。9ヶ月の間隔を空けても大丈夫なんでしょうか。 また、鳥肌胃炎は前回よりもマシになっているとの話でしたが、鳥肌胃炎はなくなる事はありますか? 鳥肌胃炎からスキルス胃がんを発生する確率は高いのでしょうか? 都内でも内視鏡で有名な病院にかかっておりますが、スキルス胃がんと聞くとどうしても不安になってしまいます。

このQ&Aの登録カテゴリ

同類のキーワード

今すぐ医師に相談することができます。

  • 最短5分で回答

  • 平均4人の
    医師が回答

  • 50以上の診療科の
    医師が協力

今すぐ医師に相談できます

  • 最短5分で回答

  • 平均4人が回答

  • 50以上の診療科の医師