Q

拘縮筋の治療法

9歳位のときに右のお尻に長時間の注射を何回か受けたことで(多分、栄養剤かカルシウムのような)その後お尻から大腿筋の筋短縮症であることがわかりました。歩行などに関しても問題はなく暫くは肩こりや頭痛、胃弱といったことくらいであまり気にしていなかったのですが、ハタチ過ぎたあたりから右半身を中心に頭部まで全身症状が現われました。

尋常でない疲労感や右の頭重(詰まって重苦しい感じ)、時折頭痛、右の首や肩、背中の凝りや痛み
右臀部や大腿部の麻痺感や不快感や痛みなど。一時も治まる事がなくそれらの症状が様々な形で現れて消えることはありません。仕事はやろうと頑張った時期もありましたがとても無理で、現在は日々の生活を送るのが精一杯です。(現在41歳・女性)

もちろん様々な医療機関を受診し検査を受けたこともあるし鍼などの民間療法や気功や超能力的なヒーリングやグッズ、サプリメントなどできる限りのことをやってきましたが何をやっても治らず将来の不安とともに暮らしています。(生活も年金支払いも親の年金に頼っている)

医療機関の反応は大抵、筋短縮症との因果関係を否定された後、心療内科や精神科を紹介されるというパターンと整形外科や接骨院ではマッサージや筋肉や骨格調整といった、いつ終わるとも知れない通院を繰り返さなくてはならないパターンです。筋短縮症と因果関係を否定される理由は、症状が出るまでの期間が長かったことや部分的な拘縮が全身症状を起こすことはないだろうという西洋医学的な考えからと思います。理論上そうとされても長年味わってきた症状から私自身は疑いようもない思いですが・・。(心療内科を受診したこともあります。)

治す手立ての見つからないままネットでも拘縮筋を治す為の情報を捜しているのですが、何かいい治療法や新情報があれば教えてください。

質問者:palm さん

まだ医師からの回答はありません

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。