Q

安定剤の服用について

4年ぐらい前から、電車に乗ると吐き気におそわれるようになりました。特に、会社に行く朝の電車内であります。
会社の最寄り駅から徒歩で通勤していますが、歩いていると、だんだん、吐き気から開放されます。
医者に相談をし、現在、「コンスタン」という薬と「ナウゼリン」という薬を朝だけ服用しています。
会社が休みの日は、服用しなくても大丈夫なのですが、でも電車に乗るとなると、心配で服用している状況です。
出来れば、薬をやめる方向を考えていますが、症状が良くなったり悪くなったりで、なかなか辞められません。
また、日曜日の夜に必ず、吐き気が来て、上記の薬を服用しています。
医者からは、”特に副作用がない”という説明は聞いていますが、やっぱり、将来のことを考えると(子供を出産)やっぱり、薬なので、不安です。
また、私は、高眼圧と眼科医から診断されています。
なので、早くこの薬を飲まないようにしたいと思っていますが、どうすればよいのでしょうか?
また、現在、内科に通っています。
病院を心療内科に変更した方がいいのでしょうか?

このようになった原因は、2つ考えられ、1つは仕事上のストレス。もう一つは、一回だけ電車に乗って、気持ち悪くなり、途中下車をしてしまったことがあります。(お酒が原因です)
宜しくお願いします。

質問者:yuki さん

かおりさん

現在、コンスタンを服用中の者です。
数年前からずっと服用していて、3年前に結婚し 婦人科に通っていました。私は安定剤が体に依存しており服用しないと生活に支障が出るほどです。なので、服用しながらの妊娠・出産を指導をしてくれる医師を捜しました。

いらっしゃったのでそちらに婦人科を変え、妊娠・出産しました。皆さんもおっしゃっているように、コンスタンなどは胎児に異常が確認されている薬です。私はそれを伝えられていませんでした。
医師の方や薬剤師の方はわかっておられると思いますが、子供は極低出生体重児で早産で産まれ、口唇口蓋裂でした。安定剤という名に当たるものはすべて、口唇口蓋裂の可能性があると最近心療内科の先生から知らされたばかりで、少々落ち込んでいます。

妊娠の計画があるのなら、少しずつでも減薬を勧めます。もしくはその原因であるストレスから解放され、少しずつ従来の生活を取り戻される事が大前提だと考えます。
なかなか難しいかも知れませんが、ボチボチやっていきませんか?色んな科にかかり、原因を突き止めるのも大事だと思いますし、少しでも今より生活が楽になればと願っています。

okanさん

仕事上でのストレスがたまり、そんなある日、電車に乗って気分が悪くなり途中下車してしまったことが、ある種のトラウマになっていると考えられます。電車に乗った時、心のどこかで「またあの時のように途中下車しなければならないような状態になってしまったらどうしよう」という不安(予期不安といいます)があると思われます。現在服用中の「コンスタン」や「ナウゼリン」は普通の内科で扱っている軽い抗不安薬です。「しっかりしたストレス耐性を身につける」のが一番ですが、これは言葉で言うのは簡単ですが、実際はそんなに一気にできるものではありません。心療内科ではもっと即効性のある抗不安薬や、あるいは長時間の持続性がある抗不安薬など、症状に応じて、さまざまな薬を処方してもらえます。「メイラックス」や「トフラニール」や「パキシル」など・・・さまざまな薬があり、いずれも副作用がはほとんどありません。ぜひ「心療内科」に行かれることをおすすめします。

yukiさん

色々とありがとうございます。
確かに言われている通り、そんな不安もあります。
出来れば、薬に頼らず、気を紛らすもので乗れるようになりたいなぁ〜と思っていますが、どうしてもダメですね。
かなり長い期間、服用しているので、強い薬かと思っていたら、弱い薬であることをはじめて知りました。
そうですね。心療内科も行くのもいいのかもしれませんね。近くにあったら、一度相談したいと思っています。
回答大変にありがとうございます。

ももさん

保険薬局薬剤師のももです。

「ナウゼリン」は抗不安薬ではありません。いわゆる吐き気止めです。
抗不安薬に即効性が特徴の物も無いですし、「メイラックス」「トフラニール」「パキシル」は、どれも薬の効き方では別分類に区分されているもので、重篤な肝機能障害や幻覚などの副作用があるのも事実です。
これらの薬を、どういう経験で、どういう情報を元におっしゃられているかわかりませんが、このようなオープンな場所で「副作用はほとんどありません」と断言されるのは少し、軽率だと思います。

kazukoさん

私は一般の患者ですが、ももさんの言われるとおりです。
副作用が無い薬なんて無いと思います。(ここまでいうと言い過ぎかもしてませんが…)

yukiさんへ
私の経験をお話します。
今後結婚、妊娠を望むのでしたらももさんが言われるように主治医とよく相談した上で減量しながら中止するようにしてください。
私はトフラニール(その他安定剤)を5〜6年服用していました。
結婚して9年間子供が出来ずあきらめていた矢先に妊娠が発覚。
この手の薬が胎児に影響する可能性があると知っていたので一応主治医と相談しましたがやっと出来た子供。なんとか生みたいと言う気持ちが強く薬を飲むのを急に止めてしまったんです。
それが大間違いでした。
子供は流産(これに関しては薬との関係はわかりませんが)。その上筋肉の不随意運動(ジストニア)が起こり治るかどうかわからない病気になってしまい現在治療中です。(自業自得と言われればそれまでですが…)
皆が皆そうなると言う訳ではないと思いますが私が経験した辛い思いを他の人にはしてほしくないので書かせていただきました。
そして今ではパニック状態になる事があって医師から『パキシル』を出されたのですが『坑うつ剤』と言うだけで副作用が怖くて飲めません。

こちらは先生や薬剤師の方がきちんとアドバイスしてくださっているようなのでもし私のような症状が薬のせいではないという場合はご指摘ください。

生玉一夫さん

私の経験ですが、精神科で全般性不安症と診断されたことがありパキシルを処方されたことがあります。
仕事に行くとめまいがしたり、地下鉄に乗るとイライラしたり、自殺も考えました。アレルギー体質のために薬の副作用も強く、夜中に吐き気と頭痛に見舞われました。
薬剤師の妻に聞くところでは、患者様の中には依存的に増える人がいることもあり、現在は服用していません。

アルコールと同じに、弱いといわれる薬でも感受性が高いと、強い効果があるようです。直接脳に作用する薬は十分注意が必要と考えます。

心と身体のバランスは微妙です。
現在は顎の治療によってバランスをとっています。

保険薬剤師さん

私は精神科病院の処方箋を多く扱っている薬局の薬剤師です。パキシルのお薬を渡す機会が非常に多いのですが、ほとんどの方が、パキシルで吐き気の副作用を経験されているようです。ですが、ほとんどの場合、その副作用も次第に軽減されているようですし、効果が発現される1ヶ月くらいは服用を続けて様子を見、依存性があるが、すぐに効果が見られる安定剤は、最初の1ヶ月くらいのみ併用し、それから減薬、中止すれば、依存の心配もないと思われます。主治医の先生と副作用についてしっかり相談され、効き目が出るまでは飲み続けて欲しいお薬だと思います。

tomさん

たしかにSSRIは消化器系の副作用がSNRIに比べて多いですね。あとは消化管の運動を調整する薬とSSRIの併用ということで考えると、あまり相性がよくないようですが、そのあたりは大丈夫でしょうか?

いち内科医 先生
一般内科

いち内科医 先生

コンスタン、ナウゼリンを使用中とのことですね。電車で吐き気がくるのは耳のせいかもしれません。耳の敏感なかたの中にはクルマ酔いしやすい人や頭の位置の変換でめまいがおこりやすい人などがいます。電車のゆれがよくないのかもしれません。一度耳鼻科にかかるといいでしょう。

また、こころの疲労もありそうですね。こころの状況を知るには心療内科を受診してみてもいいと思います。将来、妊娠する際に薬の減量を考えればいいのであって、今から心配すると不安でたまらないでしょう。そういった不安をとる意味でも心療内科を受診するといいですよ。

yukiさん

回答ありがとうございます。

薬を飲んでいても、やっぱり吐き気に襲われるときには、音楽を聴いたり、電車内で寝てみたり・・・色々と工夫をしています。
また、本当は、いけない行為だと思いますが、電車内で友達にメールを作成したりすると、結構落ち着きます。
多分、「ちっく」で心を落ち着かせていると思いますが。

もし、耳鼻科に通う場合、どのように説明したらよいのでしょうか?
また、現在通院している内科医の先生にもどのように説明したらいいのでしょうか?

一度、自律神経失調症の経験もあります。
その際には、めまいがひどかっただけで、吐き気の経験は今回が初めてです。
また、基本的に血圧が低いらしいです。
その辺も関係しているんですか?

いち内科医 先生

耳鼻科では電車にのると気持ち悪いが、耳は大丈夫かどうか、と話すといいでしょう。また、自律神経のからみや血圧の低さも電車の中での症状には関係している可能性があります。長時間たっていると、血圧の低いひとでは頭への血流が少なくなり、気持ち悪くなるからです。

耳鼻科ではありのままに話すといいですよ。また、内科医には、とくに説明もいりませんし、説明するとしても耳鼻科にも行ってみます、といえばいいでしょう。

yukiさん

大変によく分かりました。
もう一つ聞きたい事があるので、引き続き宜しくお願いします。

電車に乗ると吐き気があるのは、朝の通勤時のみなんです。
帰りの電車は、普通に自宅まで帰れます。
まれに、吐き気がある場合もありますが、ほとんど、普通に帰れます。
但し、途中で食事をしたりすると、途中で吐き気に襲われ、途中下車をし、少し休んで落ち着いたらまた電車に乗って帰る・・という感じです。
その際には、お酒は飲んでいません。
いつも、ジュースやウーロン茶です。
食事の種類としては、普通の洋食・和食・居酒屋系の料理問わず、どの食事をしても、同じような症状になります。
食事をしている人は、仲の良い友人・会社での親睦会とかです。食事中は、普通です。
電車に乗るタイミングは、食事をしてから、数分後ぐらいが多いです。

帰りの電車で平気なのは、朝は、血圧が低いけど、日中、仕事をしたり、それに伴い、体を動かしたり、食事をしたり・・・という行動により、血圧の変化に伴うものですか?

また、吐き気がある際に、電車は、座っている方が楽な場合と、立っている時が楽な場合があります。
大体、座っている方が一番楽な時が多いですが、この辺もやっぱり、血圧とのからみがありますか?

実際に、血圧を正確に測ったことがありません。
一度、めまいを訴えたときに、初めて計り、自分の血圧を知ることが出来ました。
現在通院している医者では、一度も血圧を測ったことはありません。血圧を測った医者とは別の医者に通院しています。

いち内科医 先生

日中の活動で体が活発になり血圧が高くなることはよくあり、そのおかげで帰りは楽なのかもしれませんね。また、食事してすぐに電車にのると胃が満腹なのでゆれで気持ち悪くなるのは不思議ではないでしょう。座っているときとたっているときで症状が違うようですが、そのときの血圧がわかりませんので、なんともいえません。しかし、病院によってはねているときと体を起こしているときの血圧の差をはかる検査をしてくれるところもあります。これをティルト試験といいます。血圧をみてもらった病院で相談してみましょう。体位の変化で血圧が変わりやすい、起立性低血圧の診断ができます。

yukiさん

色々とありがとうございます。
よく分かりました。

とりあえず、まずは、耳鼻科にて検査ですね。
先生に症状を言えば、検査となるのは分かりますが、
これ以上、薬を増やしたくないのも現状です。
まぁ、病状によっては・・・って感じですかね。

検査内容としたら、どのようなものが一般的に考えられますか?また、ピアスをしているので、診察の際には、はずした方がいいのでしょうか?
検査は、1日で終了するのでしょうか?

いち内科医 先生

耳鼻科での検査は耳鏡検査、聴力検査、レントゲン、CT,MRIなどが必要に応じて行われます。ピアスははめていてもとりあえずはいいでしょう。MRIの場合ははずしましょう。検査自体が一日で終了するか、再度予約になるかは病院しだいです。一日で終わらせたい場合ははじめからそう、伝えましょうね。

yukiさん

MRI等になると、一般の町にある医者ではなく、総合病院の方がお勧めなのでしょうか?

現在通院している内科医も、一般の町にある医者で、一応、かかりつけの医者です。
今回耳鼻科での検査についても、一般の町にある医者にしようかな?と思っていました。そこの医者も、一回通院した経験があるので。
多分、耳鏡検査・聴力検査ぐらいの設備はあると思いますが、CTとかMRI等になると、やっぱり総合病院になるのかな?と思っています。
どうでしょうか?
また、「一日で終了するには・・・・」ということですが、事前に病院へ連絡し、その旨を伝えれば、対応してくれるのでしょうか?

いち内科医 先生

全例でMRIをとるわけではありません。しかし、診断途中の今は、MRI、CTのある施設にいったほうがいいでしょう。診察と検査のスケジュールの組み方は病院しだいです。受診してみないと、どういった検査をするかわからないので、事前の電話での対応は難しいと思います。

yukiさん

色々とありがとうございます。

色々とよく分かりました。
また、何かありましたら、質問させて頂きます。

ももさん

重要なコメントは「いち内科医」先生で十分してくださっていますので、私の方からはお薬のことを少し。

まず、妊娠への影響ですが、ナウゼリンもコンスタンもパキシルも、また他の同効薬についても、妊婦が服用して子供に異常が見られた事例報告が沢山あがっているのは事実です。
ですから服用しながらの妊娠には十分注意が必要ですので、もしその計画などがあるようでしたら主治医や産婦人科医と良く相談して下さい。

また、他にもこの系統の薬を飲むことで、逆に眠くなったりするだけでなく、せん妄や不安、幻覚に陥ることや、吐き気になることもあるのも事実です。

ここまでお話しするのも、やはり薬による健康被害だけは避けて欲しいという願いからです。
「この薬は万人に安全です」そんな薬は世の中には一切ありません。だからこそ、ちゃんと薬の効果と副作用を認識した上で、薬を上手に使って欲しいのです。
決して、脅すつもりではないので、判ってくださいね。

不安に対しての薬は沢山ありますが、こういうケースに良く使われるものの分類としては、
「神経用剤」
「安定剤」
「SSRI(セロトニン選択性再取り込み抑制剤)」
「抗うつ剤」などになります。
神経系の薬はもっとありますが、まあ主なものはこれくらいです。

コンスタンは「安定剤」といわれるもので、医師の第一選択薬にはよく用いられるものですね。
更年期障害の女性の不安にもよく用いられています。
ナウゼリンはさっき言った様に、「催吐中枢」に作用するので神経系の薬のようですが、実際は「吐き気止め」です。吐き気がない時に服用すると、逆にふらつくこともありますが、吐き気があるときには良く用いられて、効果も期待できる薬です。
パキシルは「SSRI」の分類で、ちょっと難しいのですが、脳の中の情報を伝達する物質の一つである「セロトニン」を一度取り込んだ神経細胞からもう一度取り込ませることによって、「伝達」つまり神経の伝わりを良くして、脳の働きを活発化させて、不安やうつを改善しようとする薬です。
(できるだけ、簡単に説明してるつもりですが、わからなかったら遠慮なく『むずかしい!』っていってくださいね)

どれが、合うかはやはり、医師の先生と良く相談して、少しずつ試して体調をみながら、見つけてくことになると思いますし、もし原因が「不安」だけであれば、きっと自分に合う薬がみつかるはずです。
医師の先生に尋ねにくかったら、普段行きなれている薬局で、一度相談してみるのも方法です。

最後にyukiさんに、これは個人的なアドバイスですが・・・
重要なのは、「電車に乗って途中下車したことが不安」ということですが、ここで考えてみて欲しいのは、「しんどくなって途中下車すること」が果たして、それほど周囲に迷惑をかけ、自分自身を責めるような出来事かどうかということです。
私は、「大したことない」事だと思います。実際、私も貧血症で、電車に乗って貧血を起こしてパタパタぶっ倒れること数回。
倒れる時に、意識を失って後頭部にたんこぶを作ったこともありますし、気がついたら駅長室に寝せられてたこともあります。
お腹が痛くなって、座ってもいられなくて知らない駅で慌てて降りて、駅員さんに頼んでトイレを貸してもらったこともあるんですよ(^^ゞイヤイヤ
でも、それは人間である以上、あっても当然の出来事だと思いませんか?
私は少なくともそう思っています。人間の体調なんて万全ではないんですよ、いつも。
お腹が鳴って欲しくない時に「グルグル」ってお腹がなっちゃうでしょ?(笑)
病気や体調の変化は時と場所を選んでくれません。
だから、救急医療センターがあり、救急車があるんです。
ひょっとしたら、気分が悪くなった原因は、単なるストレスによる低血圧だけかもしれません。
ストレス耐性なんて、必要ないと思います。自分が人間で、生きていて、体調も変化があって当たり前。ただ、その事実をちゃんとうけとめて、自分の体調とちゃんと向き合ってあげればいいと思います。
そうすると、「あ、今日はちょっとめまいしそうな日かも」って案外わかってくるもんですよ。
あなたの体を一番解ってあげられるのは、医師でも薬剤師でも、薬でも親でもないです。あなた自身なんです。私はそう思いますよ。

もっと知りたい病院薬剤師さん

ナウゼリンを吐気・嘔吐で使用しているようですが、yukiさんは乗り物酔いなので、トラベルミンの方がいいのではないでしょうか?
日曜日の夜、毎朝の症状の訴えからうつの可能性が結構あると思いますが、例えばSRQ-Dとかしてうつ判定、うつであったらパキシル等のうつ薬を処方、パキシルが効くまでの急性期にはコンスタン(中期作用型)を止めて同系統のコレミナール(短期作用型:6時間以内+抗不安作用+胃及び大腸運動亢進抑制作用)に変えて眠気の副作用も少くするというのは?
内科も受診しているのであれば、食後の症状もあるので胃潰瘍とかもある可能性がありますよね!この場合胃薬・・・薬飲みたく無いのに自分にかかれば薬増えちゃうかも!(だめだめです・・・!)
まぁ耳鼻科等を受診して体に問題なければ、ストレスの改善が最短の治療法かなと考えちゃいますがいかかでしょうか?
医師の意見を聞ける機会はめったに無いのでご回答よろしくお願いします。

いち内科医 先生

1 うつであればパキシルはあちこちで効果をあげていますし、よい選択だと思いますよ。

2 食後の症状で胃潰瘍、ストレスもあり考えられます。そうすると、消化器内科受診も必要ですが、可能性は高いですね〜。

3 ストレスが一番の原因のこともあるでしょう。その改善は確かに最短の治療方法ですが、それが一番難しいかもしれませんね。まわりを見ると、ストレスの解消のしかたがうまい人がいます。そういった人は何の症状もなく元気ですから。

病院にもよりますが、医師のつたない処方をみて、不満に思っていらっしゃる薬剤師さんは多いですよね。どんどん、医師に指摘して、アドバイスしてあげてください。ちなみに、私も昨日、長い間チェックしていなかったジゴキシン濃度をはかるように薬剤師さんに注意されました。

yukiさん

返答が大変に遅くなり申し訳ありません。
また、ご丁寧な返答を頂きまして、大変に感謝しています。ありがとうございます。

薬に対しては、長期使用もあり、親から、「将来のことをかんがえて飲みなさい」とも言われています。
現在、独身で今後、結婚をし、子供。となった場合に少し不安になったからです。
主治医の先生からは、「特に害はない」とおっしゃっていますが、ももさんがおっしゃっている通りだと私も認識しています。
なので、本当に体調が悪い時のみの服用をしています。
しかし、私も仕事をしていますので、ほとんど平日の朝は飲んでいるという感じですね。

私自身も、この状況から早くやめたい気持ちで一杯で、色々と努力をしている最中です。
それは、薬で乗り越えるのではなく、ストレスを貯めないようにする何かの趣味・興味を持つようにすることです。
休日は、外に出てみたりしています。
歩くのが一番、ストレス発散に効果が良いみたいなので、極力、近くの公園に行ってみたりしています。
また、体力をつけるために、市の運動教室にも通ったりしています。但し、この教室も一年中やっていますが、私の場合、秋から春先にかけてのみ通っているだけです。
夏場は、血圧がやっぱり低いのか、途中で、疲れてしまうので、行っていません。
以前は、休日に外に出るのもダメでした。
特に、日曜日は、ほとんど家にいました。
とりあず、現在は、お休みの時も、自分から進んで外出していますので、大きな進歩をしているんだろうと思っています。
あとは、「薬を飲まない生活を一日でも早く送りたい」ということを目標にしていまして、色々と努力しようと模索中ですが、焦りなのか、体調はあまり良くありません。薬を飲んでいても、辛い時があります。

途中下車に対しての抵抗は、最近なくなりました。
”途中下車しても、いいだろう”という感じです。
理由は、出勤もかなり余裕を持って通勤しているからです。ただ、乗っている最中に吐き気があるので、「乗っている最中に吐かないかな?」という不安があるのは、事実です。なので、いつも、ハンカチと、いつでも、対応できるように、ごみ袋。水を持って通勤しているのが、現状です。
親から言わせると、「吐きたくなったら、いつでも、吐けばいいんだし、周りにも迷惑かからないから大丈夫だ」とも言われますが、やっぱり、周の迷惑を考えてしまいます。柔軟な考え方を持てば良いんですけど。頭では理解しているんですが、やっぱり考えてしまうのが、現状です。

でも、少し、励みになりました。
大変に感謝しています。

今すぐ医師に
質問することができます!

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。

このQ&Aの登録カテゴリ

注目の検索ワード

無料で見られるQ&A

同類のキーワード

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,800人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。