すべて

ダイアップに該当するQ&A

Q

5歳6ヶ月男児です。  1歳で初めて熱性けいれんをおこし、現在まで計7回おこしています。 先月、2週連続で38℃を越す熱を伴う風邪をひいてしまい、1週目はダイアップで予防しましたが、2週目の熱の上がり始めに主治医にダイアップの投与について相談したところ、ダイアップは強い薬なので、今回は熱が上がっても投与は控えたほうがいいのではないかと勧められました。(そのときは結局けいれんはおこりませんでした。) ダイアップの副作用として、ふらつきがおこることは認識していますが、連続投与することで、別の副作用がおこる可能性があるなら、控えたいと思う一方、熱性けいれんを繰り返すことで、てんかんに移行してしまうのではないかと恐れてもいます。  ダイアップは常備していますが、毎回投与について悩んでしまいます。 もう7度目の熱性けいれんになるので、対処や心構えはついてきたのですが、子どもの脳の影響を考えると、熱が上がる度にダイアップを投与していいものか、それとも熱性けいれんがおこっても仕方ないものとして、なるべく投与を控えたほうがいいのか、ご教示願います。 (乳幼児/男性)

検索対象

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。