すべて

喉頭癌に該当するQ&A

Q

2年半前に喉頭癌初期で癌専門病院にて手術と放射線治療で現在経過観察中です。昨年末胃もたれが続き、近所の町医者を受診。その際、肺に結節があると指摘され、大きな病院に転院。そこで肺に1.5センチの結節と甲状腺に2.4センチの結節がある事、更には喉頭癌の経過観察で毎月、癌専門病院にかかっているのなら、CT検査で甲状腺や肺の指摘があるはずだと言われ、癌専門病院の耳鼻咽喉科で尋ねると、結節は喉頭癌発病当初からあり、経過観察していて、大きさは変わっていないとの事でした。初めて聞かされた内容に不安は尽きず、同病院の呼吸器内科を受診。そこで、喉頭癌手術当初、肺の結節は9ミリ、以後1年2ヶ月後に1.5センチに、更に1年2ヶ月後の現在で1.6センチ(1番大きい所で2.2)で、大きくなっている事が分かり、気管支鏡検査、CT検査で肺腺癌であると判明。その旨を耳鼻咽喉科に伝えると、肺の結節は風邪でも出来るから、いちいち呼吸器内科に紹介していたらキリがない、また経過観察も通常は1年後であるし、検査結果は放射線科の見解で判断しているからと、責任逃れでした。突然の事態に、今は目の前が真っ暗ですが、耳鼻咽喉科に2年半も毎月通っていて、何故こんな事になっているのか事実を受け入れれず、同病院の呼吸器内科で大きさが小さいから初期、1aやと思う、小さ過ぎても検査しにくいし、ちょうど良い時期やったと思う。とのコメントに不安で仕方ないです。本当に小さい?もう発症して2年半も経っているのなら、転移の可能性も高いし、治療しても直ぐに再発してしまうなど、不安で毎日眠れません。お聞きしたいのは、1、肺の結節がCTで認められても、この程度の経過観察が通常で、本当に治療するのに良いタイミングなのか、2、又大きさ的には、小さい方なのか、3、未だペット検査の結果待ちですが、腰痛や頭痛があるたびに、脳転移や骨転移迄疑ってしまいますがいかがなのでしょうか。 (50代/女性)

検索対象

  • すべて
  • Q&A

今すぐ医師に
質問できます

Q回答している人は誰ですか?
5,700人以上の各診療科の現役医師です。アスクドクターズは、健康の悩みに現役医師がリアルタイムに回答するサービス。20万人以上の医師が登録する国内最大級の医師向けサイト「m3.com」を運営するエムスリー(東証一部上場)が運営しています。
Q登録後すぐに質問できますか?
質問の閲覧と相談は登録後すぐにご利用可能です。