すべて
Q&A

腎不全に該当するQ&A

Q

腎不全で入院しました。1ヶ月ほど前から血圧の薬を飲んでも増やしても下がらず、今日、他の病院で診てもらったら腎不全、心不全といわれ、即入院になりました。 1ヶ月前から血圧が高かったのですが(185/120くらい)検査してわかったのが今日なのですが、この間にさらに悪化したのでは思います。治療が早ければここまでならなかったのでしょうか? 腎不全だといづれ透析とか必要になるのでしょうか? 自覚症状は特になく、酸素をしてから息が楽になったなぁと思うくらいです。意外と元気です。 腎不全で透析が必要な場合はどのような時でしょうか? 意外と元気なのですが、元気な場合もあるのでしょうか?

Q

2,3年前から尿閉を繰り返し一時的に導尿をしていました。その間検査とかしていませんでした。今月12日に尿閉になり、他の医療機関を受診し、神経因性膀胱、水腎症、腎不全で入院していました。現在は尿道カテーテル留置で自宅療養してます。神経因性膀胱からの腎不全、GFR19。G4で高度低下。今回入院前まで自覚症状はなかったのですが急に腎不全で透析も必要になるといわれ、シャントを作ることもいわれ、薬もいっぱい飲んでます。尿道カテーテルも入れたままで、なぜ、こんなことになったのかわかりません。腎不全は知らないうちに悪化するのでしょうか? 神経因性膀胱は治療が遅れると膀胱機能は回復しないのですか? 腎不全の貧血の注射とか治療をしないと体はしんどくなっていくのでしょうか?

Q

続発性副腎皮質ホルモン低下症はCRH負荷試験が無反応だったことから、主治医から「揺るぎない証拠です」と言われ、自身も納得しておりますし、主治医については心から信頼しております。 診断を受けてからまだ1ヶ月経っていません。こういう時期なので迷走しやすいので、己を律し易いよう適切なお言葉、ご教示賜りたく。 まず当該疾病は自身も受け入れ、勝手な自己判断によるコートリル休薬は「再副腎不全を起こす」とのことも理解しております。また必要以上に気にしないように努めています。これまで大きな病気は皆無で健康だったため、生涯に渡る服薬要の病気に気持ちがついて行けていないのかもしれません(理屈では分かったつもりでも時々「本当に病気かしら?」この程度の倦怠感は健常者にもある、、などなど、自分で都合良く言い訳している時があります。最後の質問のつもりで頭のモヤモヤをどなたか否定或いはご説明頂けないでしょうか? 1.コートリルは生涯服用と言われ、ここ1ヶ月ずっと服用を遵守している。時折頭をかすめるのは、私の場合何度検体検査をしても、コルチゾールは2.4近辺です。故に補充しなければいけないことは理解しているつもりです。このネットを読んでいると、コートリル服用を3ヶ月以上続けると、元々のホルモンが出せなくなり、ゼロになると。中には少ないが自分のギリギリのホルモンでステロイドを休薬した方あり。そういった判断に整合性を持たせるとしたら、どのように考えれば良いですか? つまり、私もあと2ヶ月後には、自己ホルモンがゼロになりもう後戻りは出来ないという事実と、元々この治療はなるべく早く開始すべきで、今回続発性副腎不全症が見つかった方がラッキーと考えるか?故に何も迷わず、ただ主治医を信頼し処方箋通り服薬の決心すべきか?「いずれにしても自己ホルモンゼロになる」と、頭で自己ホルモンと枯渇ホルモンの整合性をとりたく。

検索対象